在宅ワークのメリット

未分類 0件のコメント

在宅ワークのメリットをあげるとすれば、
① 資料作成など集中しておこなうべき作業を自宅でできる 
② 出勤にかける時間がなくなるのでタイムマネジメントが楽になる 
③ 家族とのコミュニケーションの時間が増えるので非常にプライベートが充実する
と大きくあげることができると思います。実際に、働き方改革や新たな働き方を模索して
効率化を図っていくためには必ず、日本の企業が通る道であり、ここで企業側としてもこうしたインフラを整えることができ中れば、世界のライバルからも置いて行かれても仕方ないという状況になってくるかもしれません。
実際に企業側としてこうした取り組みをインフラとして整えていくスピード次第で社員も
愛想をつかしてしまい、場合によっては従業員満足度の低下、モチベーションの低下といったところにつながってしまうかもしれません。
それだけに在宅ワークのメリットを最大限に生かす、仕組みづくり、そして現場への音鋳込みを行うことが非常に重要になってくるのではないかと思います。
上記の①~③をもう少し詳しくとりあげてみます。
まず、①ですが、資料作成などを職場で作業するにあたってはさまざまな声がけ、会議出席もありなかなか集中して作業ができない課題があろうかと思います。それを在宅で時間をしっかりとって、集中して資料を作ることができれば非常に効率が上がるのではないかと思います。まとまった時間をとらないとなかなか資料をつくるにあたっての考える時間もとれないはずなので。
次に②です。場合によっては、首都圏では通勤だけで往復3時間以上というパターンも当たり前の状態だと思います在宅ワークで賄える作業であれば、何と毎日3時間程度の作業時間を確保できるわけです。これはまさしく働き方改革の一環として非常に大きなポイントだといえるでしょう。
最後に③です。これはライフアンドワークバランスの観点からみたお話になります。実際に自宅で業務をこなすことによって、家族との会話も増えることになり、プライベートの時間が非常に充実することになります。もちろん、これまでも介護や教育といった場面で在宅ワークを利用していた方々もこれからはマイナーではなく、マジョリティーとして利用しやすい環境になるのではないかと思います。
こうして、在宅ワークを導入するにあたってのメリットも明確になれば、企業としての投資も非常に行いやすくなり、その投資結果もみえやすくなると思います。